メニューお問い合わせメール電話をかける

脳梗塞で障害基礎年金2級を取得、総額約250万円を受給できたケース

発病からご依頼までの状況

ご自宅にAさんが一人でいるところ突然動けなくなり倒れ、帰宅したご主人様がすぐに気づき、救急搬送されました。搬送先で脳梗塞と診断を受け、そのまま入院されました。

Aさんは右半身に麻痺が残ってしまいました。マッサージやリハビリを続けましたが、体が思うように動きません。言葉もうまく話せなくなりました。

初診日から2年ほどたってから、心配したご主人様のお知り合いの方が富山障害年金相談センターをご紹介くださいました。

ご主人様は障害年金を全くご存知ありませんでした。富山障害年金相談センターでは、障害年金の仕組みと受給可能性について丁寧に説明しました。

ご主人様とご家族で奥様を助けるには限界があります。今後の生活と介護の助けとなる障害年金の申請を決意をされ、当事務所へご依頼いただきました。

富山障害年金相談センターでの対応

〇診断書作成サポート

通常、初診日から1年6か月経過しないと障害年金は申請できません。
しかし、脳梗塞は初診日から6か月経過した日に申請できる場合があります

富山障害年金相談センターでは病院に確認を取りながら、初診日から6か月経過した日を認定日として遡及の申請をしました。

※障害年金は、提出された書類だけで審査されます。ポイントを押さえた内容で、診断書や病歴・就労状況申立書が書かれていないと、実際の状態よりも低い等級で決定されたり、不支給と判断されることもあります。残念ですが、お医者様のお仕事は病気を治療することで、障害年金申請の専門家ではありません。実態に合った等級に判断されるためには、専門家にご相談されることをお勧めします。

〇審査結果

障害基礎年金の2級が認められ、年間約78万円を受給されました。
3年間の遡及も認められ総額約250万円の受給につながりました。

今後の介護費用の助けになると、ご本人様、ご主人様もとても喜んでおいででした。

■脳血管の病気による請求事例の最新記事

受給事例の最新記事

障害年金 無料診断キャンペーン
障害年金に関する無料相談受付中!

富山を中心に北陸全域をサポート

富山を中心
北陸全域サポート!

富山県:

富山市、高岡市、魚津市、氷見市、滑川市、
黒部市、砺波市、小矢部市、南砺市、射水市、
舟橋村、上市町、立山町、入善町、朝日町

石川県・岐阜県飛騨地方、新潟県上越地方も対応

ページの先頭へ