メニューお問い合わせメール電話をかける

ポストポリオ後遺症で共済年金(厚生年金)2級を受給できた事例

発病からご依頼までの状況

1歳のときにポリオにかかり、それ以来、足を引きずって歩いていました。

50代になってから麻痺がひどくなりました。

ご依頼からの状況

自分で共済年金(厚生年金)を申請しようと思ったのですが、共済年金の方が、ポリオとポストポリオ後遺症の違いについて、理解がありませんでした。

共済年金の担当者の方と何度も書類や電話でのやり取りをして、疲れ果ててしまいました。

その後、障害年金の専門家である富山障害年金相談センターに相談に来られました。

富山障害年金相談センターの対応

富山障害年金相談センターでは、ポリオとポストポリオの初診日が異なる通達を共済に連絡し、
ポストポリオの初診日を認めてもらうことができました。

ご本人様は共済年金サイドの対応に疲れておられましたので、当センターが共済年金とのやり取りをすべて代行しました。

また、ご本人様に代わって診断書を直接医師に修正していただきました

※障害年金は、提出された書類だけで審査されます。ポイントを押さえた内容で、診断書や病歴・就労状況申立書が書かれていないと、実際の状態よりも低い等級で決定されたり、不支給と判断されることもあります。残念ですが、お医者様のお仕事は病気を治療することで、障害年金申請の専門家ではありません。実態に合った等級に判断されるためには、専門家にご相談されることをお勧めします。

審査結果

共済年金2級(厚生年金)を受給することができました。

ご本人様は体がしんどくて退職を考えておいででした。退職後の暮らしの目途が立ったと喜んでおいででした。

■身体の障害によるサポート事例の最新記事

受給事例の最新記事

障害年金 無料診断キャンペーン
障害年金に関する無料相談受付中!

富山を中心に北陸全域をサポート

富山を中心
北陸全域サポート!

富山県:

富山市、高岡市、魚津市、氷見市、滑川市、
黒部市、砺波市、小矢部市、南砺市、射水市、
舟橋村、上市町、立山町、入善町、朝日町

石川県・岐阜県飛騨地方、新潟県上越地方も対応

ページの先頭へ