メニューお問い合わせメール電話をかける

双極性感情障害で障害共済年金2級取得、年間約140万円を受給できたケース

1.相談に来られた時の状況

責任感が強く真面目なBさんは、仕事でのストレスをきっかけに抑うつ状態となりました。何もやる気がおきず仕事を休職し、自宅にこもっていました。しばらく休職した後退職し、障害年金の申請をしようと思いましたが、主治医以外と上手く話せないので、申請はプロに頼もうと思いご相談を頂きました。

2.富山障害年金相談センターの見解

ご自宅では、ぼんやりと過ごしておられ働けない状態でした。そのご様子から、障害共済年金3級または2級相当ではないかと考えました。

3.富山障害年金相談センターでのサポート

富山障害年金相談センターでは、Bさんから病歴やその時の状況など、詳しくお話を聞かせてもらい、認定日に通院していた病院の医師、現在の主治医とソーシャルワーカーに、Bさんの状態をしっかりとお伝えして診断書の作成をお願いしました。
また共済年金担当者とやり取りして、必要な書類を準備しました。申立書には、働いていた時から現在までの日常生活状況を出来る限り詳しく記述し、申請に必要な書類を揃え提出しました。

4.審査結果

認定日では障害年金3級、現在は2級を取得、年間約140万円の受給につながりました。これで安心して生活できると、とても感謝しておいででした。

■精神疾患によるサポート事例の最新記事

受給事例の最新記事

障害年金 無料診断キャンペーン
障害年金に関する無料相談受付中!

富山を中心に北陸全域をサポート

富山を中心
北陸全域サポート!

富山県:

富山市、高岡市、魚津市、氷見市、滑川市、
黒部市、砺波市、小矢部市、南砺市、射水市、
舟橋村、上市町、立山町、入善町、朝日町

石川県・岐阜県飛騨地方、新潟県上越地方も対応

ページの先頭へ