お電話 お問い合わせメール アクセス 受給事例

アルコール性肝硬変で障害厚生年金2級取得、年間約170万円を受給できたケース

1.発病からご依頼までの状況

自覚症状が無かったため飲酒を続けていたCさんは、ある日、体調に異常を感じ、受診した医療機関でアルコール性肝硬変と診断をうけました。状態が悪くなり退職し悩んでいた時、障害年金の事を知りました。最初、Cさんは自分で手続きをするため年金事務所へ行きました。しかし、書類が多くて難しく、自分で出来そうにありませんCさんは、インターネットで富山障害年金相談センターのことを調べ、ご依頼の電話を下さいました。

2.富山障害年金相談センターの見解

病気のため退職され、日中はほとんど横になっており、家族の援助が無いと生活できないような状態でした。検査数値も良くなくいので、障害厚生年金の2級相当に該当するのではないかと考えました。

3.富山障害年金相談センターでのサポート

・初診日証明から診断書作成まで

当初Cさんは、初診日の証明をご自分で用意していました。しかし、その証明は現在通院している病院のもので、障害年金での初診日とは違うものでした。富山障害年金相談センターでは、的確な病院で初診日の証明書を取り直しました修正も必要だったので修正の依頼もしました。
 富山障害年金相談センターでは、通院先の主治医の先生に、障害年金の診断書を記載するための注意点などをお話しして作成してもらいました。

・診断書のチェック

診断書の作成は複雑でとても難しく、主治医の先生が超多忙の中で作成されるため、記入漏れが出ることがあります。このまま提出すると、年金機構の窓口で指摘されたり、受理されてもご自身の結果に不利になったりすることがあります。
富山障害年金相談センターでは、診断書をチェックし、記載漏れ箇所などを追記していただきました

4.審査結果

障害厚生年金2級、年間約170万円の受給が決定しました。
障害年金が受給できたことで今後の生活の目途が立ち、Cさんはもちろんご家族様も大変喜んでおいででした。

障害年金 無料診断キャンペーン

富山を中心に北陸全域をサポート

富山を中心
北陸全域サポート!

富山県:

富山市、高岡市、魚津市、氷見市、滑川市、
黒部市、砺波市、小矢部市、南砺市、射水市、
舟橋村、上市町、立山町、入善町、朝日町

石川県・岐阜県飛騨地方、新潟県上越地方も対応

ページの先頭へ