メニューお問い合わせメール電話をかける

左外傷後変性股関節症、障害厚生年金3級取得、約58万円を受給できたケース

1.相談に来られた時の状況

Aさんは、若いときに交通事故に合い左大腿骨を骨折しました。それが原因で左片側股関節痛が徐々にひどくなり、歩行困難、階段昇降困難など痛みをこらえながら日常生活をずっと続けていました。40代になって受診し、人工関節置換術を行いました。

当初Aさんは、自分の病気が障害年金受給に該当するとは思っていませんでした。しかし、富山障害年金相談センターの無料相談会のチラシをご家族から見せられて自分の病気も該当するのでは?と思い、無料相談会へ来られました。

2.富山障害年金相談センターの見解

Aさんは人工関節を入れましたが、長年、左股関節をかばっていたせいで右ひざと背骨の湾曲、腰の痛みがあり、長時間の立ち仕事はできず、歩行には杖が必要で、階段の昇降は手すりが必要な状態でした。
富山障害年金相談センターでは、Aさんのご様子から、障害厚生年金3級相当ではないかと考えました。

3.富山障害年金相談センターでのサポート

若いときの交通事故が原因だったので、まず当時の事故の記録から、最初にかかった病院へ連絡しました。初診からかなり時間がたっていたので、受診状況等証明書の依頼は大変苦労しましたが、交渉して書いてもらえることになりました。
富山障害年金相談センターでは、主治医にAさんの状態を詳しくお伝えして診断書の作成をお願いしました。出来上がった診断書をチェックし、長期間にわたる申立書を、整合性をとり作成し提出しました。

4.審査結果

障害厚生年金3級取得、年間約58万円の受給につながりました。自分が該当するとは思っていなかったAさん。障害年金が受給できたことにより、心の負担が軽くなりましたとおっしゃっておいででした。

■身体の障害によるサポート事例の最新記事

受給事例の最新記事

障害年金 無料診断キャンペーン
障害年金に関する無料相談受付中!

富山を中心に北陸全域をサポート

富山を中心
北陸全域サポート!

富山県:

富山市、高岡市、魚津市、氷見市、滑川市、
黒部市、砺波市、小矢部市、南砺市、射水市、
舟橋村、上市町、立山町、入善町、朝日町

石川県・岐阜県飛騨地方、新潟県上越地方も対応

ページの先頭へ