お電話 お問い合わせメール アクセス 受給事例

審査請求により障害厚生年金2級になったケース

1.相談に来所された時の状況

Aさんは、会社からの帰宅途中に交通事故に合い大けがを負いました。医師の懸命の処置があり、体は回復しましたが、後遺症が残り、自分の意思で左手指を動かすことが出来なくなりました。

Aさんは労災保険を請求しましたが、軽いケガと判断されました。この時点で富山障害年金相談センターへ相談に来られましたが、労災の決定結果では、障害厚生年金は障害手当金の可能性がありますが、それではAさんにメリットがありません。「左手指が全く動かないのに、軽いと判断されたのはおかしい」とAさんは悩みました。そして不服申し立てとして労災の審査請求をしたところ、妥当な判断がおりました。

2.富山障害年金相談センターの見解

Aさんは、労災保険の等級が上がったことにより、障害年金受給の可能性が出たので、「富山障害年金相談センターで障害年金の申請サポートをして欲しい」と来られました。

通常、労災と障害厚生年金の両方が貰える場合、労災側が減額支給になります。しかし、厚生年金側が障害手当金と判断が下った場合、労災は減額されずに障害手当金が支給停止になります。Aさんの場合、労災の審査請求が正しく判断されなければ、障害厚生年金で医師から軽い診断書を書かれる恐れがありました。

3.富山障害年金相談センターでのサポート

労災保険で審査請求を行い、やっと正しい判断が下りたことから、障害年金でも非常に難しい判定になるであろうことを踏まえ、障害年金の請求をしました。結果は3級。納得がいきません。Aさんは審査請求することを決意しました。

審査請求は新しい証拠を受け付けません、障害年金請求時に提出した資料をもとに審査が行われます。つまり、こういった場合は、当初から審査請求を考えた準備が必要です。

3級に判定された資料を取り寄せたところ、左手指について全く考慮されていませんでした。Aさんの障害は、やはり非常に理解してもらいにくいものでした。

審査請求では障害年金請求時に提出した資料を元に、日本年金機構側の審査で左手指を見逃すべきではない事、いかにして2級であるかその評価方法など、Aさんの障害の状態を理解してもらうために様々な方法を取り伝えました。

4.審査結果

判定は2級にくつがえりました。審査請求の取り下げ、全面勝訴です。

Aさんは、2級にくつがえったことを大変喜んでおいででした。

障害年金 無料診断キャンペーン

富山を中心に北陸全域をサポート

富山を中心
北陸全域サポート!

富山県:

富山市、高岡市、魚津市、氷見市、滑川市、
黒部市、砺波市、小矢部市、南砺市、射水市、
舟橋村、上市町、立山町、入善町、朝日町

石川県・岐阜県飛騨地方、新潟県上越地方も対応

ページの先頭へ