メニューお問い合わせメール電話をかける

うつ病で初診した病院の診療科が閉鎖していたケース

1.発病からご依頼までの状況

子供の頃から人付き合いが苦手だったAさん。就職先で同僚との人間関係を築くことができず思い悩んでいました。やがてうつ病を発症し治療を続けましたが状態は良くなりませんでした。その後、人との関わりの少ない仕事に転職しましたが、拘束時間が長い上に休みも不規則なため、十分な睡眠を取れない日々が続きました。次第に不眠がひどくなり心身ともに限界を感じ退職しました。退職後は、家族の助けなしには生活ができず、再就職もできなくて困っていたとき、富山障害年金センターの無料相談会のことを知り、相談に来られました。

2.富山障害年金相談センターの見解

人と関わることもできず、日常生活も困難なご様子から、障害厚生年金2級相当ではないかと考えました。

3.富山障害年金相談センターでのサポート

富山障害年金相談センターでは、Aさんが最初にかかったB病院へ連絡しました。初診からかなり時間が経っていることや、当時の診療科が閉鎖されたため、受診状況等証明書の依頼は苦労しましたが、交渉して書いてもらえることになりました。それから、現在かかっているC病院の主治医に詳しい状況をお伝えして、診断書を作成してもらいました。また、Aさんの現在までのご様子を詳しくお聞きし、申立書を作成しました。

4.審査結果

障害厚生年金2級を取得、加算も含めて年間約148万円の受給につながりました。障害年金の受給により、今後の不安が多少なりとも和らいだようです。たいへん喜ばれていました。

■精神疾患によるサポート事例の最新記事

うつ病・反復性うつ病などの最新記事

受給事例の最新記事

障害年金 無料診断キャンペーン
障害年金に関する無料相談受付中!

富山を中心に北陸全域をサポート

富山を中心
北陸全域サポート!

富山県:

富山市、高岡市、魚津市、氷見市、滑川市、
黒部市、砺波市、小矢部市、南砺市、射水市、
舟橋村、上市町、立山町、入善町、朝日町

石川県・岐阜県飛騨地方、新潟県上越地方も対応

ページの先頭へ