メニューお問い合わせメール電話をかける

自損事故(右被殻出血)で障害基礎年金2級受給できたケース

1.発病からご依頼までの状況

Aさんは運転中に自損事故を起こし、B病院へ救急搬送され入院しました。診断は被殻出血です。Aさんは左半身麻痺になり、様々な治療を続けましたが、左半身は良くなりません。退院後、働けないので収入がなく、生活に困りはてて、富山障害年金相談センターへお電話を下さいました。

2.富山障害年金相談センターでの見解

Aさんは、日常生活に不自由がありご家族の介助を必要としていました。そのご様子から、障害基礎年金2級相当ではないかと考えました。

※被殻出血は脳血管障害の一種で、出血した反対側の手足が麻痺し、感覚障害、言語障害、構音障害をも引き起こす病気です。

Aさんは左半身麻痺のため、肢体の機能障害として年金を請求しました。

3.富山障害年金相談センターでのサポート

Aさんは、交通事故による外傷なのか、被殻出血による交通事故なのか、どちらが先か不明と判断されました。そのため損害保険が貰えませんでした。Aさんは少しでも早い生活保障のため、初診から6ヵ月目での早期に障害年金の申請をしたいとお考えでした。通常、初診から1年6ヵ月経たないと障害年金は申請できませんが、脳血管疾患は初診から6ヵ月経過した時点が認定日となり、障害年金が申請できる場合があります。富山障害年金相談センターでは、Aさんのご希望に沿って申請準備をしました。

富山障害年金相談センターでは、Aさんの代理として受診状況等証明書の作成を依頼しました。障害年金申請のための診断書は、現在の主治医であるC病院に依頼しました。C病院の主治医と何度もやり取りをして、初診から6ヵ月目で申請をするための診断書を作成してもらいました。

そして、診断書や日常生活についての整合性を取りながら、申立書を作成しました。申請に必要な交通事故証明書を、Aさんの代理で取得しました。

4.審査結果

障害基礎年金2級を取得、年間約78万円の受給につながりました。Aさんは生活に少し余裕が生まれ、たいへん喜ばれていました。

■脳血管の病気による請求事例の最新記事

受給事例の最新記事

障害年金 無料診断キャンペーン
障害年金に関する無料相談受付中!

富山を中心に北陸全域をサポート

富山を中心
北陸全域サポート!

富山県:

富山市、高岡市、魚津市、氷見市、滑川市、
黒部市、砺波市、小矢部市、南砺市、射水市、
舟橋村、上市町、立山町、入善町、朝日町

石川県・岐阜県飛騨地方、新潟県上越地方も対応

ページの先頭へ