メニューお問い合わせメール電話をかける

完全房室ブロックで多忙で申請を諦めそうになったケース

1.発病からご依頼までの状況

めまいや倦怠感があり、かかりつけの病院を受診したAさん。心電図で完全房室ブロックが見つかり、ペースメーカーを装着する手術を受けました。Aさんは、妻のサポートで障害年金を申請しようと思い、主治医に診断書を依頼されました。しかし、傷病手当金との併給でつまずき、申請書に何を書いていいかわからず、妻が仕事で忙しく、申請の準備が全く進まず困っていました。Aさんは何か方法はないかとインターネットで検索し、富山障害年金センターへご連絡くださいました。

2.富山障害年金相談センターの見解

Aさんのご様子と主治医の診断書を精査したところペースメーカーを装着していることから障害厚生年金3級相当ではないかと考えました。

3.富山障害年金相談センターでのサポート

富山障害年金相談センターでは、Aさんとご家族に現在の状態について詳しくお聞きしました。診断書を細かくチェックし、整合性を見ながら初診から現在までの申立書を作成しました。

4.審査結果

障害厚生年金3級の受給が決定しました。障害年金の受給により、今後の不安が多少なりとも和らいだようで、たいへん喜ばれていました。

■心臓の病気によるサポート事例の最新記事

受給事例の最新記事

障害年金 無料診断キャンペーン
障害年金に関する無料相談受付中!

富山を中心に北陸全域をサポート

富山を中心
北陸全域サポート!

富山県:

富山市、高岡市、魚津市、氷見市、滑川市、
黒部市、砺波市、小矢部市、南砺市、射水市、
舟橋村、上市町、立山町、入善町、朝日町

石川県・岐阜県飛騨地方、新潟県上越地方も対応

ページの先頭へ