メニューお問い合わせメール電話をかける

過食が始まり。うつ病で2級を受給できたケース

1.発病からご依頼までの状況

Aさんは、ダイエットの反動から過食になったことで気分が落ち込みました。気持ちがつらくて、体が重く感じて動けなくなり、病院を受診しました。処方薬を飲みましたが身体は重く動かないままです。とうとう仕事を辞めてしまいました。Aさんは転院を繰り返しながら20年以上闘病しました。

Aさんが障害年金のことを知ったのは最近のことです。年金事務所に相談に行きましたが、申請のためにやるべきことが多くて途方に暮れていたとき、富山障害年金センターのことを知り、ご家族と相談に来られました。

2.富山障害年金相談センターの見解

ご家族としかコミュニケーションを取れず、自分で身の回りのことができないご様子から、障害厚生年金2級相当ではないかと考えました。

3.富山障害年金相談センターでのサポート

富山障害年金相談センターでは、Aさんの最初にかかったB病院へ連絡したところ、初診日が確認できました。初診からかなり時間が経っていましたが、診療録が残っており受診状況等証明書を書いてもらえました。

また、現在かかっているC病院へ同行して主治医にお会いし、Aさんの詳しい状況をお伝えして、診断書を作成してもらいました。

発病から現在までのお話をご本人とご家族から詳しくお聞きし、診断書との整合性を見ながら、詳細な申立書を作成しました。

4.審査結果

障害厚生年金2級の受給が決定しました。Aさんとご家族は「肩の荷が下りた」とたいへん喜ばれていました。

■精神疾患によるサポート事例の最新記事

うつ病・反復性うつ病などの最新記事

受給事例の最新記事

障害年金 無料診断キャンペーン
障害年金に関する無料相談受付中!

富山を中心に北陸全域をサポート

富山を中心
北陸全域サポート!

富山県:

富山市、高岡市、魚津市、氷見市、滑川市、
黒部市、砺波市、小矢部市、南砺市、射水市、
舟橋村、上市町、立山町、入善町、朝日町

石川県・岐阜県飛騨地方、新潟県上越地方も対応

ページの先頭へ