メニューお問い合わせメール電話をかける

前立腺癌のため県外の病院へ通院

1.発病からご依頼までの状況

Aさんは背中の痛みや頻尿からB病院を受診しましたが、何も見つかりませんでした。その後も体調が悪く、C病院を受診したところ、前立腺がん、多発性骨転移と診断されました。ホルモン療法や放射線療法を行いましたが、あまり効果は期待できませんでした。最新の治療方法を探して、県外のD病院へ通院することにしました。

治療費がかさみ悩んでいたとき障害年金のことを知り「私は貰えますか?」と、富山障害年金センターにお電話をくださいました。

2.富山障害年金相談センターの見解

Aさんは、現場作業が多い仕事をしてらっしゃいます。責任者という立場ですが、骨転移治療のため体が思うように動かず、すぐに疲れてしまうため短時間しか働けませんでした。

近年、研究が進み、癌の治癒率は上がっているため、障害年金はとても厳しく判断されています。

富山障害年金相談センターでは、Aさんのご様子から障害厚生年金3級相当と考えました。

3.富山障害年金相談センターでのサポート

富山障害年金センターでは、Aさんが最初にかかったB病院へ連絡し、受診状況等証明書の作成を依頼しました。B病院では癌が見つかりませんでしたが、必要な書類であることを説明して書いてもらいました。

Aさんは、B病院を受診してから現在まで約1年8ヶ月です。Aさんの身体のことをお聞きし、B病院の受診日から1年半経った認定日で請求することにしました。今回は、認定日から1年以内の診断書を提出するので、現在治療しているD病院で診断書を作成してもらうことにしました。

出来上がった診断書に必要な事が足りません。富山障害年金相談センターでは、県外の病院の担当者と何度もやり取りして、とても必要な事を別の医師に書いてもらうことが出来ました。

4.審査結果

Aさんは、認定日で障害厚生年金3級が決定しました。Aさんは、治療費の助けになると、とても喜んでおいででした。

■がん(癌)によるサポート事例の最新記事

受給事例の最新記事

障害年金 無料診断キャンペーン
障害年金に関する無料相談受付中!

富山を中心に北陸全域をサポート

富山を中心
北陸全域サポート!

富山県:

富山市、高岡市、魚津市、氷見市、滑川市、
黒部市、砺波市、小矢部市、南砺市、射水市、
舟橋村、上市町、立山町、入善町、朝日町

石川県・岐阜県飛騨地方、新潟県上越地方も対応

ページの先頭へ