メニューお問い合わせメール電話をかける

統合失調症で入院。遡及請求が認められたケース

1.発病からご依頼までの状況

「いつも誰かが私を監視している」とご家族に訴えるようになったAさん。監視されている妄想はどんどんエスカレートし、家中の窓ガラスに目張りをしたり、ご家族に暴言を吐いたりするようになりました。何を言っても耳を傾けないAさんに、困り果てたご家族が保健師に相談し、入院することになりました。

退院後Aさんは復職しましたが、発病前の「何でもこなせていた自分」を取り戻そうと無理をしてしまい、状態が悪くなり退職しました。今後の生活に悩んでいたとき、ご家族の勧めで、専門家に相談しようと富山障害年金相談センターに相談に来られました。

2.富山障害年金相談センターの見解

働けないことと、自分で家事をこなせなくなっていたご様子から、障害厚生年金2級相当ではないかと考えました。

3.富山障害年金相談センターでのサポート

富山障害年金相談センターでは、Aさんとご家族に、認定日頃と現在のご様子を詳しくお聞きし資料をまとめました。それから、B病院に連絡し、主治医に認定日の診断書の作成を依頼しました。また、現在かかっているC病院の主治医にAさんの状況をお伝えし、診断書を作成してもらいました。

診断書との整合性を取りながら、できる限り詳細に申立書を作成しました。

4.審査結果

障害厚生年金2級を取得、無事に遡及も認められました。Aさんはたいへん嬉しそうな声で、「これで治療に専念できる」とご連絡くださいました。

■精神疾患によるサポート事例の最新記事

受給事例の最新記事

統合失調症の最新記事

障害年金 無料診断キャンペーン
障害年金に関する無料相談受付中!

富山を中心に北陸全域をサポート

富山を中心
北陸全域サポート!

富山県:

富山市、高岡市、魚津市、氷見市、滑川市、
黒部市、砺波市、小矢部市、南砺市、射水市、
舟橋村、上市町、立山町、入善町、朝日町

石川県・岐阜県飛騨地方、新潟県上越地方も対応

ページの先頭へ