お電話 お問い合わせメール アクセス 受給事例

仕事を頑張りすぎて自殺しそう!うつ病で障害厚生年金2級決定

1.発病からご依頼までの状況

Aさんが卒業後に就職した会社で配属された先は、県外で寮生活がある長時間勤務の職場でした。Aさんは責任がある仕事を任せられ、日々頑張っていました。しかし、たくさんのスキルを身に着ける必要があり、強いプレッシャーを感じるようになりました。そんな毎日を過ごす中で人知れず考え込むようになり、気分が落ち込み眠れない日が続きました。寮で同室の先輩の物音が気になり、ますます睡眠がとれなくなりました。

ある日、Aさんは家族との電話の中で自殺をほのめかしてしまいました。心配した家族が寮に駆け付け、Aさんはご家族と一緒に精神科のあるBクリニックへ行き、そこでうつ病との診断を受けました。Aさんは休職して自宅に戻り療養を続けましたが、良くならないまま月日がたちました。Aさんとご家族は、なかなか病気が快復せず、職場に復帰できないため、会社を退職することにしました。何もせずに一日中ベッドの中で寝てばかりいる日が続くため、今後の事を心配したご家族様から富山障害年金センターにご相談をいただきました。

2.富山障害年金相談センターでの見解

一人で行動することが難しく、通院もご家族が付き添っておられるご様子から、障害厚生年金2級相当と考えました。

3.富山障害年金相談センターでのサポート

障害年金の申請のために、初診日の証明書が必要となります。Aさんは遠方のBクリニックで初診しています。富山障害年金センターでは、Bクリニックへ申請に必要な事項を正確に伝えて、受診状況等証明書の作成を依頼しました。

現在Aさんは、自宅近くのC病院へ転院しています。富山障害年金相談センターでは、現在受診しているC病院へ同行して主治医にお会いし、Aさんの詳しい状況をお伝えして、診断書を作成してもらいました。

そして、診断書との整合性を見ながら、詳細な申立書を作成しました。

また、Aさんは傷病手当金を受け取っておられました。障害年金と傷病手当金が重なると金額が調整される場合があります。Aさんとご家族、職場の担当者とお話しして、受給済みの傷病手当金と重なる期間が短くなるよう注意して申請しました。

4.審査結果

障害厚生年金2級の支給が決定しました。Aさんはお金の不安から解放され、治療を頑張りますと前向きなご様子でおられました。

5.富山障害年金相談センターより

障害年金を申請する場合、初診日の証明書が必要ということが大きなハードルになっている方が多いのではないでしょうか。Aさんのように、初診の病院が遠方という場合、個人で書類を依頼するのは大変だと思います。富山障害年金センターでは、ご依頼いただいた方から、通院歴を丁寧にお聞きし、必要な病院に対して書類作成の依頼をしています。

当センターでは、初回のみ30分間の無料相談を受け付けております。詳しくは下記リンクより、無料相談の案内をご覧ください。

>>無料相談については詳しくはこちら

障害年金 無料診断キャンペーン

富山を中心に北陸全域をサポート

富山を中心
北陸全域サポート!

富山県:

富山市、高岡市、魚津市、氷見市、滑川市、
黒部市、砺波市、小矢部市、南砺市、射水市、
舟橋村、上市町、立山町、入善町、朝日町

石川県・岐阜県飛騨地方、新潟県上越地方も対応

ページの先頭へ