メニューお問い合わせメール電話をかける

てんかんで障害基礎年金2級取得、年間約78万円を受給できたケース

発病からご依頼までの状況

ある日Aさんは、体調が悪くて意識を失い倒れました。原因を探すために富山のB病院を受診したところ、「てんかん」の診断を受けました。イーケプラ錠、リボトリール錠の服薬治療を行っていました。

その後もてんかんの発作を繰り返していたAさんは、富山で会社勤めすることができなくて、富山の就労支援施設に通うことになりました。 ご家族もサポートしてくれていますが、収入が少なくなり、治療費や薬代のお金がかります。

Aさんから、「生活が厳しいので障害年金の申請をしたい」と、富山障害年金相談センターへ相談の電話がありました。

富山障害年金相談センターでのサポート

〇診断書のご依頼

富山障害年金相談センターでは、担当医にお会いして、てんかんの場合の障害年金の申請についてご理解いただき、診断書の作成をお願いしました。

障害年金は、提出された書類だけで審査されます。ポイントを押さえた内容で、診断書や病歴・就労状況申立書が書かれていないと、実際の状態よりも低い等級で決定されたり、不支給と判断されることもあります。残念ですが、お医者様のお仕事は病気を治療することで、障害年金申請の専門家ではありません。実態に合った等級に判断されるためには、専門家にご相談されることをお勧めします。

〇申立書の作成から手続きまでのサポート

てんかんで障害年金を受給する場合、どんな発作がどのくらいの頻度でおきて、日常生活にどのように影響しているかがポイントとなります。

富山障害年金相談センターでは、Aさんやご家族様、就労支援施設の方に職場やご自宅での様子をお聞きして、診断書では記載しきれない、ご本人の日常生活状況を出来る限り詳しく申立書を作成しました。

〇審査結果

障害基礎年金2級の証書が届き、年間約78万円の受給につながりました

障害年金が受給できたことで、ご本人様も安堵されました。自分一人ではどうしていいかわからなかったが、相談してよかったとご本人様から感謝の言葉をもらいました。

■てんかんによる請求事例の最新記事

受給事例の最新記事

障害年金 無料診断キャンペーン
障害年金に関する無料相談受付中!

富山を中心に北陸全域をサポート

富山を中心
北陸全域サポート!

富山県:

富山市、高岡市、魚津市、氷見市、滑川市、
黒部市、砺波市、小矢部市、南砺市、射水市、
舟橋村、上市町、立山町、入善町、朝日町

石川県・岐阜県飛騨地方、新潟県上越地方も対応

ページの先頭へ