メニューお問い合わせメール電話をかける

うつ病型統合失調感情障害で障害基礎年金2級取得、年間136万円を受給できたケース

発病からご依頼までの状況

責任感が強く真地面なAさんは、富山での残業や休日出勤が続き、休む暇がなく心身共に疲れ果ててしまいました。Aさんは、体が思うように動かなくなり心療内科を受診しました。しばらくは仕事を続けながら治療をしていましたが、職場から病気に対する理解も得られず、人間関係のストレスも加わり、休職した後に退職しました

その後転退職を繰り返しましたが、どれも長続きしません。現在も抑うつ状態が続いており、アリピプラゾール、フルボキサミンを服用しています。

一家の大黒柱であったAさんが働けなくなり、生活に不安を抱え、ご家族も心配し富山障害年金相談センターへご相談の電話がありました。

富山障害年金相談センターでのサポート

・診断書の依頼

 診断書作成に必要な日常生活状況等についてAさんから詳しくお話をお聞きし、主治医に伝えました。主治医は、病状やご本人の状態について詳しく診断書に記載して下さいました。

※障害年金は、提出された書類だけで審査されます。ポイントを押さえた内容で、診断書や病歴・就労状況申立書が書かれていないと、実際の状態よりも低い等級で決定されたり、不支給と判断されることもあります。残念ですが、お医者様のお仕事は病気を治療することで、障害年金申請の専門家ではありません。実態に合った等級に判断されるためには、専門家にご相談されることをお勧めします。

・申立書の作成

富山障害年金相談センターでは、病歴の発病から現在までの流れをAさんとご家族からもお話をお聞きし、なるべく詳しく申立書に記載しました。

〇審査結果

結果、障害基礎年金2級(年間約136万円)の受給が決定しました。 障害年金が受給できたことにより、今後の不安が多少なりとも解消されたようです。ご本人も安心されたご様子でした。

■精神疾患によるサポート事例の最新記事

うつ病・反復性うつ病などの最新記事

受給事例の最新記事

障害年金 無料診断キャンペーン
障害年金に関する無料相談受付中!

富山を中心に北陸全域をサポート

富山を中心
北陸全域サポート!

富山県:

富山市、高岡市、魚津市、氷見市、滑川市、
黒部市、砺波市、小矢部市、南砺市、射水市、
舟橋村、上市町、立山町、入善町、朝日町

石川県・岐阜県飛騨地方、新潟県上越地方も対応

ページの先頭へ