お電話 お問い合わせメール アクセス 受給事例

双極性感情障害で障害基礎年金2級取得、約78万円を受給できたケース

1.相談に来られた時の状況

朝起きるのも辛く、一日を自室に籠ってボーっと過ごしているというCさん。人と関われないことから、仕事もできず、自室に籠ってばかりでした。経済的不安を抱え、ご本人様から富山障害年金相談センターへご相談のお電話をいただきました。ご家族様とご一緒に当センターへ来所された時も、うつむき加減でお話をされており、辛そうなご様子でした。

2.富山障害年金相談センターの見解

何もする気力が無く、日常生活も困難で、そのご様子から、障害基礎年金2級相当ではないかと考えました。

3.富山障害年金相談センターでのサポート

富山障害年金相談センターでは、Cさんから病歴やその時の状況など、詳しくお話を聞かせてもらいました。病歴が長いのでまずは初診日探しをしました。Cんは、随分前のことなので、当時の記録が残っているのかとても不安そうでした。

富山障害年金相談センターでは、色々調査し、最初にかかった医院の当時のコンピュータ記録のみが残っていることを見つけました。そして病院に交渉してコンピュータの記録をもとに受診等状況等証明書を書いていただくことが出来ました。それだけでは不十分なので、次にかかった医院に連絡して、そちらでも受診状況等証明書を書いていただくよう依頼し、初診日の証明を取ることができました。

そして、主治医にCさんの現在の状態をしっかりとお伝えして診断書の作成をお願いしました。

申立書には、初診から現在までの日常生活状況を出来る限り詳しく記述し、長い病歴との整合性をとり、申請に必要な書類を揃え提出しました。

4.審査結果

障害基礎年金2級を取得、年間約78万円の受給につながりました。これで少し肩の荷がおりたと一安心されたご様子で、ご家族様がとても感謝しておいででした。

障害年金 無料診断キャンペーン

富山を中心に北陸全域をサポート

富山を中心
北陸全域サポート!

富山県:

富山市、高岡市、魚津市、氷見市、滑川市、
黒部市、砺波市、小矢部市、南砺市、射水市、
舟橋村、上市町、立山町、入善町、朝日町

石川県・岐阜県飛騨地方、新潟県上越地方も対応

ページの先頭へ