メニューお問い合わせメール電話をかける

統合失調症で障害基礎年金2級取得、総額約380万円を受給できたケース

1.発病からご依頼までの状況

ある日、一人暮らしのAさんは、勤務先や自宅、近所で霊を感じラップ音が聞こえるようになりました。怖くて眠れない日が続き、食欲もなくなりました。幻聴や幻覚に悩まされ、仕事もできなくて退職し、自宅に帰れなくなり、誰とも連絡を取らなくなりました。

心配したご家族がAさんを探し出し、付き添ってB病院を受診しました。Aさんは病院が怖くて、医師に眠れないことだけを話し、幻覚幻聴のことは話せません。通院は続きませんでした。幻覚幻聴はひどくなり、一人暮らしのAさんは、食事もとらず布団から出られないので、心配したご家族と同居することになりました。

ご家族の勧めでC病院へ通院してからは、少しずつ回復しましたが、仕事はできないままです。今後の生活を心配して、障害年金相談センターへご相談のお電話をいただきました。

2.富山障害年金相談センターでのサポート

富山障害年金センターでは、Aさんから病歴や現在の状態を詳しくお聞きしました。そしてB病院へ受診状況等証明書の作成を依頼しましたC病院の主治医にはAさんの状態を詳しくお伝えし、診断書の作成をお願いしました。出来上がった診断書をチェックし、申立書を詳しく作成し、必要書類をそろえて提出しました。

3.審査結果

障害基礎年金2級を取得し、遡及も併せて約380万円の受給につながりました。Aさんは、働くプレッシャーとお金の不安から解放され、ほっとしておいででした。

受給事例の最新記事

統合失調症の最新記事

障害年金 無料診断キャンペーン
障害年金に関する無料相談受付中!

富山を中心に北陸全域をサポート

富山を中心
北陸全域サポート!

富山県:

富山市、高岡市、魚津市、氷見市、滑川市、
黒部市、砺波市、小矢部市、南砺市、射水市、
舟橋村、上市町、立山町、入善町、朝日町

石川県・岐阜県飛騨地方、新潟県上越地方も対応

ページの先頭へ