お電話 お問い合わせメール アクセス 受給事例

統合失調症 被害妄想で解雇されたケース

1.相談に来られた時の状況

Bさんは、職場で同僚同志が仕事の話をしているのを見て、自分の悪口を言っていると相手に駆け寄り大きな声で攻撃的な言葉を言うことが度々ありました。上司が調査してもその事実はありません。上司が説明しても、被害妄想から感情的な言動を繰り返したため、会社から受診指示が出ました。仕方なく通院を始めましたが、今度は朝起きられなくて遅刻が多発します。注意されても直りません。Bさんは、繰り返す被害妄想と遅刻が問題となり、会社から解雇予告通知を受けました。
前職を解雇となったBさん、受診が勤務条件だったため退職後は通院しなくなりました。
その後A型事業所で働くようになったものの、被害妄想は続き、家族とも喧嘩が絶えません。
そんなとき、Bさんのご家族が「Bさんの病気が障害年金に当てはまるのでは?」と、無料相談会へ来られました。Bさんは、しゃべる速度もとても遅く、質問をしても回答するまでにかなり時間がかかり、頭の中で言葉がうまくまとまらずしゃべることもあまりできていませんでした。ご家族と一緒に当センターへ来所された時も、自分からほとんどお話はされませんでした。

2.富山障害年金相談センターでのサポート

富山障害年金相談センターでは、Bさんとご家族から病歴やその時の状況など、詳しくお話を聞かせてもらいました。Bさんは認知機能にも障害があり、記憶が曖昧でしたが、時間をかけてゆっくりとヒアリングしました。A型事業所にもBさんの状態について詳しくお聞きしました。
そして、主治医にBさんの現在の状態をしっかりとお伝えして診断書の作成をお願いしました。
申立書には、初診から現在までの日常生活状況を出来る限り詳しく記述し、診断書と長い病歴との整合性をとり、申請に必要な書類を揃え提出しました。

3.審査結果

障害厚生年金2級を取得、年間約180万円の受給につながりました。これで少し肩の荷がおりたと一安心されたご様子で、ご家族がとても感謝しておいででした。

障害年金 無料診断キャンペーン

富山を中心に北陸全域をサポート

富山を中心
北陸全域サポート!

富山県:

富山市、高岡市、魚津市、氷見市、滑川市、
黒部市、砺波市、小矢部市、南砺市、射水市、
舟橋村、上市町、立山町、入善町、朝日町

石川県・岐阜県飛騨地方、新潟県上越地方も対応

ページの先頭へ