メニューお問い合わせメール電話をかける

うつ病で傷病手当金とかぶらないように請求したケース

1.発病からご依頼までの状況

Aさんは、過剰労働や営業ノルマやクレーム対応などで心身ともに疲弊していました。家では鍵の開閉や財布の中身など何度も確認しないと不安を感じるようになりました。職場の確認作業では、どこを確認したのかわからなくなって何度も確認してしまい、時間がかかりすぎると上司から指摘されるほどでした。Aさんは、自分の症状を精神的なものが原因と思い、病院を受診したところ、うつ病と診断されました。会社に病気の事を伝えて仕事を続けていましたが、職場では病気を理解してもらえず、体調を崩して退職してしまいました。Aさんは傷病手当金をもらっていましたが、あと半年でそれもなくなります。今後の事を心配していたところ、通院先の病院で富山障害年金相談センターのことを知り、ご相談のお電話をいただきました。

2.富山障害年金相談センターの見解

相談に来られたときのAさんは、しゃべるのも億劫で自分で何もできないほどの状態でしたので、2級相当ではないかと考えました。

3.富山障害年金相談センターでのサポート

・診断書の依頼

富山障害年金相談センターでは、Aさんとご家族から現在の状況や症状について丁寧にお話を聞かせてもらいました。

富山障害年金相談センターでは、主治医にAさんの状態をしっかりとお伝えして、診断書の作成をお願いしました。

・申立書の作成から手続きまでのサポート

診断書では記載しきれない、ご本人の日常生活状況を出来る限り詳しく申立書に記述し、申請に必要な書類を揃え提出しました。

Aさんから、傷病手当金をもらっているとお聞きしています。

傷病手当金と障害年金をもらう期間が重なると、両方をもらうことはできません。一般的には傷病手当金の方が大きいため、協会けんぽへ計算された障害年金相当額を返還するケースが多いです。

Aさんは、返還することを望んでおられませんでしたので、傷病手当金とかぶらないよう障害年金の請求月に気を付けました。

4.審査結果

障害厚生年金2級を取得、年間約200万円の受給につながりました。

障害年金が受給できたことで、ご本人様の気持ちと生活に余裕が生まれ、ご家族様も大変喜んでおられました。

■精神疾患によるサポート事例の最新記事

うつ病・反復性うつ病などの最新記事

受給事例の最新記事

障害年金 無料診断キャンペーン
障害年金に関する無料相談受付中!

富山を中心に北陸全域をサポート

富山を中心
北陸全域サポート!

富山県:

富山市、高岡市、魚津市、氷見市、滑川市、
黒部市、砺波市、小矢部市、南砺市、射水市、
舟橋村、上市町、立山町、入善町、朝日町

石川県・岐阜県飛騨地方、新潟県上越地方も対応

ページの先頭へ