メニューお問い合わせメール電話をかける

非ホジキンリンパ腫で医師に症状を詳しく伝えていなかったケース

1.発病からご依頼までの状況

Aさんは、健康診断で濾胞性リンパ腫が見つかり、総合病院に入院して治療を受けました。退院後は通院を続けながら、仕事に復帰しました。しかし、次第に体のあちこちに痛みを感じるようになり、仕事や生活に影響が出てきました。定期受診日に主治医から、より進行が速い腫瘍に変化していることを告げられました。何度も入退院を繰り返し、とうとう働けなくなり退職しました。治療費もかさみ不安になっていたとき、富山障害年金センターのことを知り、相談に来られました。

2.富山障害年金相談センターの見解

Aさんは、思うように体が動かなくなり、身の回りのことをするにもご家族の助けを必要とされていました。そのご様子から、2級相当ではないかと考えました。

3.富山障害年金相談センターでのサポート

Aさんは、総合病院のB科で病気が見つかり、その後C科での治療を受けていました。富山障害年金センターでは、B科の医師に連絡を取り、受診状況等証明書の作成を依頼しました。

お話をうかがって分かったのですが、Aさんは、多忙な医師への遠慮の気持ちから、自分の症状を詳しくお話しされていませんでした。当センターではC科の受診時に同行し、主治医に現在のAさんの症状をしっかりとお伝えしました。障害年金の制度についても細かく説明したうえで、診断書の作成をお願いしました。

Aさんから発症時から現在までのお話を詳しくお聞きし、診断書との整合性を見ながら、就労状況等申立書を作成しました。

4.審査結果

決定は事後重症2級でした。遡及も申請しましたが、病状が良くなり仕事に復帰していたので申請は通りませんでした。Aさんは生活に少し余裕が生まれ、「富山障害年金相談センターに相談してよかった」と大変喜んでいらっしゃいました。

■がん(癌)によるサポート事例の最新記事

受給事例の最新記事

障害年金 無料診断キャンペーン
障害年金に関する無料相談受付中!

富山を中心に北陸全域をサポート

富山を中心
北陸全域サポート!

富山県:

富山市、高岡市、魚津市、氷見市、滑川市、
黒部市、砺波市、小矢部市、南砺市、射水市、
舟橋村、上市町、立山町、入善町、朝日町

石川県・岐阜県飛騨地方、新潟県上越地方も対応

ページの先頭へ