メニューお問い合わせメール電話をかける

働いていても障害厚生年金3級を更新できたケース

1.更新サポートのご依頼

障害年金を受給しているほとんどの方は、定期的に年金機構に診断書を提出する必要があります。これを一般的に「障害年金の更新」といいます。

富山障害年金相談センターで初回申請サポートをしたAさんから、「現在障害者雇用で働いていますが、障害年金を受給し続けることは難しいですか?」とご相談いただきました。富山障害年金相談センターでは、仕事や生活の様子をお聞きし、Aさんの力になるために障害年金の更新サポートの依頼を受けました。

2.診断書の作成から手続きまでのサポート

Aさんは障害者雇用で契約社員として働いています。Aさんは、このまま仕事を続けることが一番の望みでした。当センターでは、働いている場合に上司からお話を聞くことがあります。Aさんは、それが仕事を続ける上で影響が出ないか心配されました。当センターでは、Aさんに、その場合の更新の難しさや、もらえないこともあると説明しました。そして、Aさんの希望通りのやり方で進めることにしました。

3.審査結果

引き続き障害厚生年金3級の支給が決定しました。Aさんは心から安堵され、「仕事も療養も自分のペースでやっていきたい」と、お話しされていました。

■更新事例の最新記事

■精神疾患によるサポート事例の最新記事

受給事例の最新記事

障害年金 無料診断キャンペーン
障害年金に関する無料相談受付中!

富山を中心に北陸全域をサポート

富山を中心
北陸全域サポート!

富山県:

富山市、高岡市、魚津市、氷見市、滑川市、
黒部市、砺波市、小矢部市、南砺市、射水市、
舟橋村、上市町、立山町、入善町、朝日町

石川県・岐阜県飛騨地方、新潟県上越地方も対応

ページの先頭へ