お電話 お問い合わせメール アクセス 受給事例

上司が仕事を教えてくれない。動悸が始まり、うつ病で2級受給。

1.発病からご依頼までの状況

Aさんの職場では人間関係が悪く、Aさんも上司が仕事を教えてくれないなど日々大きなストレスを抱えていました。そんな中でも仕事をがんばらなくてはならないと、残業も嫌な顔一つせずしていました。家では家事も手を抜くことなくしっかりとこなしていました。

そんなある日、車を運転していると突然激しい動悸がして息が出来なくなりました。不安に思いB内科を受診した所、過換気症候群といわれましたが、はっきりとした診断がでず、精神的な病気の可能性があると言われました。その日は抗不安剤を処方してもらいました。

その後も眠れない日々が続いた為、今度は精神科のC病院を受診しうつ病と診断されました。事情を会社に相談して休職させてもらう事にしました。そのかいあってか調子が良くなり復職しましたが、またもや状態が悪くなりました。Aさんは会社に行けない日が続き、会社に迷惑をかけるのがつらくて退職することにしました。

その後も毎日何をする気力もわかず、Aさんは布団の中で一日を過ごすことが多く、家事もできなくなりました。転職しようと思いましたが、仕事をする気力が出ませんでした。Aさんから将来の生活に不安を感じ、富山障害年金相談センターにご連絡をいただきました。

2.富山障害年金相談センターでの見解

人と楽しく話せなくなり、食事の用意や掃除・洗濯などもできなくなったご様子から、障害厚生年金2級相当ではないかと考えました。

3.富山障害年金相談センターでのサポート

Aさんは、B内科の主治医に、何をお話しすればいいのかわからず、ご自身の症状を詳しく伝えることができていませんでした。富山障害年金年金センターでは、Aさんの病状や申請に必要な事項が主治医に正しく伝わるように資料を作成して、診断書の作成を依頼しました。

そして、診断書との整合性に注意して病歴就労状況等申立書を作成し、申請に必要な書類を揃えて提出しました。

4.審査結果

障害厚生年金2級の支給が決定しました。Aさんはお金の不安から解放され、治療を頑張りますと前向きなご様子でおられました。

5.富山障害年金相談センターより

障害年金を申請しようとして公的機関に相談に行ったものの、高いハードルに心折れ、申請を断念されるかたがたくさんいらっしゃいます。また、提出する書類の記入内容も専門的な部分が多く、自分の障害の状態や生活の状況を、正しく伝えるのは大変です。障害年金の申請は、社会保険労務士にとっても難しい仕事です。当センターでは、経験豊富な障害年金専門の社会保険労務士が対応しますので、お任せください。

障害年金は当センターでは、初回のみ30分間の無料相談を受け付けております。詳しくは下記リンクより、無料相談の案内をご覧ください。

>>無料相談については詳しくはこちら

障害年金 無料診断キャンペーン

富山を中心に北陸全域をサポート

富山を中心
北陸全域サポート!

富山県:

富山市、高岡市、魚津市、氷見市、滑川市、
黒部市、砺波市、小矢部市、南砺市、射水市、
舟橋村、上市町、立山町、入善町、朝日町

石川県・岐阜県飛騨地方、新潟県上越地方も対応

ページの先頭へ