お電話 お問い合わせメール アクセス 受給事例

双極性感情障害 再請求で障害基礎年金2級決定!

1.発病からご依頼までの状況

Aさんは大学在学中に勉強についていけず、大きなストレスとプレッシャーを感じてうつ状態になりました。教授に休学したいと相談した所、病院に行くことをすすめられてB病院を受診し、うつ病と診断されました。薬を飲みながら学校に通い続けましたが、気持ちの浮き沈みが大きく、休学と復学を繰り返しました。だんだんと死にたい気持ちが強くなり、このまま学校に通っていると自殺してしまうと思い、大学を退学しました。

退学後に引越しをしてC病院精神科で通院治療を続けました。この頃から躁状態になり、勢いでアルバイトを始めました。しかし人間関係のストレスや仕事のスピードについていけず、再びうつ状態になり不眠や体調不良の症状が出たため、退職しました。

その後結婚して引越し、今はD精神科クリニックで通院治療を続けています。躁状態とうつ状態を繰返し、なかなかよくなりません。最近はうつ状態が続き、何もする気力が起きず、ほとんどの時間を家で横になって過ごしています。将来を不安に思ったAさんから富山障害年金相談センターにご連絡をいただきました。

2.富山障害年金相談センターでの見解

ご家族としかコミュニケーションがとれず、自分で身の回りのことができないことから、障害厚生年金2級相当と考えました。

3.富山障害年金相談センターでのサポート

Aさんは一度ご自分で障害年金の申請をして、不支給になっています。そこで富山障害年金相談センターでは、前回ご自身で提出された申請書類を確認しました。前回申請した時と現在で、症状や働いている状況、日常生活にどのくらい困っているかなどが、どう変わったかを聞き取りました。そして、聞き取った内容や前回申請した時に不足していた情報を主治医にお伝えしました。その後、診断書の内容に注意して病歴就労状況等申立書を作成し、申請手続きを行いました。

4.審査結果

障害厚生年金2級の支給が決定しました。将来への不安を抱えていたAさんですが、お金の不安が解消されてこれからのことを前向きに考えていきたいと大変嬉しそうなご様子でした。

5.富山障害年金相談センターより

障害年金は自分で申請することも出来ますが、書類の種類や記入する量も多く、また自分が障害で困っている状況を、正しく記入することはなかなか難しいです。申請しようとして迷ったり悩んだりしたら、是非専門家にご相談ください。当センターは、書類作成について多くのノウハウを持っており、障害の状態を正しく申請できるようにサポートをさせていただきます。

当センターでは、初回のみ30分間の無料相談を受け付けております。詳しくは下記リンクより、無料相談の案内をご覧ください。

>>無料相談については詳しくはこちら

障害年金 無料診断キャンペーン

富山を中心に北陸全域をサポート

富山を中心
北陸全域サポート!

富山県:

富山市、高岡市、魚津市、氷見市、滑川市、
黒部市、砺波市、小矢部市、南砺市、射水市、
舟橋村、上市町、立山町、入善町、朝日町

石川県・岐阜県飛騨地方、新潟県上越地方も対応

ページの先頭へ