お電話 お問い合わせメール アクセス 受給事例

遷延性うつ病で更新!障害厚生年金2級を継続できたケース

1.発病からご依頼までの状況

Aさんは会社で残業やクレーム処理に追われ、次第に大きなストレスを感じるようになりうつ病を発症し、仕事を辞めて家にこもるようになりました。当センターではAさんの障害年金の申請をサポートさせていただき、障害厚生年金2級の受給が決まりました。

Aさんは現在もうつ病の治療のためB病院へ通院しています。他人に会う事が苦痛で家から一歩も出ず、自宅で一日中ぼーっとして過ごしています。自分には生きる価値がないと強く自分自身を否定してしまい、死んでしまいたいという気持ちが消えることがありません。食事や着替えなど身の回りのことはご家族様のサポートを受けています。障害年金の更新の時期がきて、自分で更新するのが難しいと思われたAさんから富山障害年金センターへ依頼の連絡の電話を頂きました。

2.富山障害年金相談センターの見解

Aさんは、家族の助けがないと自分の身の回りのことができないため、引き続き障害厚生年金2級相当と考えました。

3.富山障害年金相談センターでのサポート

富山障害年金相談センターでは、Aさんの状態が悪く来所が難しかったので、Aさんとご家族様から電話で詳しくお話しを伺いました。

次に、現在通院しているB病院へAさんの詳しい状況をお伝えして、診断書の作成をお願いしました。そして更新の申請を行いました。

4.審査結果

障害厚生年金2級の継続が決まりました。Aさんは現在も働けないため生活費の不安を抱えています。障害年金をもらい続けることができて今後の生活への不安が和らぎ、Aさんもご家族様も安心されたご様子でした。

5.富山障害年金相談センターより

障害年金は一部の例外を除いて、定期的に更新が必要です。障害の種類や症状によって、約1年~5年の間に更新の時期が来ます。更新には手続きが必要です。更新が認められないと障害年金をもらい続けることができません。

精神に障害をお持ちの方が、更新の時期に状態が悪いと、自力で更新に必要な手続きができなかったり、更新を忘れてしまったりすることがあります。当センターでは申請をサポートしたお客様に、初回の更新時期に案内をお送りし、必要とされる方には更新もサポートしております。

当センターでは、初回のみ30分間の無料相談を受け付けております。詳しくは下記リンクより、無料相談の案内をご覧ください。

>>無料相談については詳しくはこちら

障害年金 無料診断キャンペーン

富山を中心に北陸全域をサポート

富山を中心
北陸全域サポート!

富山県:

富山市、高岡市、魚津市、氷見市、滑川市、
黒部市、砺波市、小矢部市、南砺市、射水市、
舟橋村、上市町、立山町、入善町、朝日町

石川県・岐阜県飛騨地方、新潟県上越地方も対応

ページの先頭へ