メニューお問い合わせメール電話をかける

気分変調症で障害基礎年金2級を取得、総額約330万円を受給できたケース

発病からご依頼までの状況

Bさんは障害年金の申請を自分でしようと思い、市役所で書類をもらってきたのですが、遡求するための診断書を、どうしても当時の主治医に作成依頼することができませんでした。
また、申立書の書き方がわからなくて、なんだか嫌になり、書類を封筒に入れたままにしていました。

「どうしたらいいのか、わからなくなってしまいました。障害年金の申請をしてもらえませんか?」

Bさんは病気のため、なにもかもやる気が起きなくて、手につかなくなってしまい、申請サポートの依頼のためにご家族様と来所されました。

富山障害年金相談センターでの対応

・診断書のご依頼サポート

遡及を請求するためには、決められた期間の現症日の診断書が必要です。この期間以外の診断書は受給がとても難しく、年金がもらえないこともあります。

通常、初診日が20歳前の場合は20歳前後の現症の診断書が必要です。しかし、初診日から1年6ヵ月後の障害認定日が20歳をこえているときは、その現症の診断書が必要になります。

つまり、初診日が20歳前のときは20歳時点の診断書で良いとは限らないのです。間違いやすいので注意が必要です。

今回は、初診日が19歳だったので、20歳と6ヵ月の診断書が必要でした。

Bさんとご家族様に、当時の状況を丁寧にヒアリングしたところ、障害年金に該当する状態でしたので、Bさんと一緒に病院へ行き、主治医に当時の状態についてしっかりとお話して、診断書の作成をお願いしました。

※障害年金は、提出された書類だけで審査されます。ポイントを押さえた内容で、診断書や病歴・就労状況申立書が書かれていないと、実際の状態よりも低い等級で決定されたり、不支給と判断されることもあります。残念ですが、お医者様のお仕事は病気を治療することで、障害年金申請の専門家ではありません。実態に合った等級に判断されるためには、専門家にご相談されることをお勧めします。。

○審査結果

障害基礎年金2級(約78万円)が決定しました。遡及も認められ総額約330万円の受給につながりました。

■精神疾患によるサポート事例の最新記事

受給事例の最新記事

障害年金 無料診断キャンペーン
障害年金に関する無料相談受付中!

富山を中心に北陸全域をサポート

富山を中心
北陸全域サポート!

富山県:

富山市、高岡市、魚津市、氷見市、滑川市、
黒部市、砺波市、小矢部市、南砺市、射水市、
舟橋村、上市町、立山町、入善町、朝日町

石川県・岐阜県飛騨地方、新潟県上越地方も対応

ページの先頭へ