メニューお問い合わせメール電話をかける

就職内定ブルーで辞退。うつ病で障害基礎年金2級決定

1.発病からご依頼までの状況

Aさんは学生時代に就職活動で内定をもらった後、大きなプレッシャーのようなものを感じて内定を辞退しました。その頃から「眠れない」「胃が痛い」「食事をとると嘔吐する」といった症状に悩まされました。受診したB内科で精神安定剤を処方してもらい、症状は落ち着きました。

奨学金返済のためにチェーン店でアルバイトを始めたAさん、仕事で受ける注意やクレーム対応が心に重くのしかかり、嘔吐を繰り返しました。医師から休職を勧められましたが、奨学金返済のためどうしてもアルバイトを続けなければなりません。Aさんは大きなストレスを抱え、次第に処方薬が効かなくなり、B内科から紹介されたC心療内科でうつ病と診断されました。

その後Aさんは、自分の病気を理解してくれる上司がいる短時間のアルバイトに転職しました。ストレスは減りましたが、体と気持ちがついていかず休む日もあります。

短時間のアルバイト収入は奨学金の返済に消えてしまい、生活が苦しくて悩んでいたとき、富山障害年金相談センターのことを知り、ご家族と相談に来られました。

2.富山障害年金相談センターの見解

他人とのコミュニケーションが難しく、日常生活にはご家族の助けが必要なご様子から、障害基礎年金2級相当ではないかと考えました。

3.富山障害年金相談センターでのサポート

富山障害年金相談センターでは、Aさんの最初にかかったB内科へ連絡し、受診状況等証明書を作成していただきました。

当センターでは、Aさんのアルバイト先の上司からお話を伺い、職場での様子を調査しました。それから、調査結果とAさんから直接お聞きした話をまとめ、現在かかっているC心療内科の主治医にAさんの詳しい状況をお伝えして、診断書の作成を依頼しました。

そして、診断書との整合性に注意して病歴就労状況等申立書を作成し、申請に必要な書類を揃えて提出しました。

4.審査結果

障害基礎年金2級の受給が決定しました。経済的な支えが出来たことで奨学金返済の重圧から解放され、心が軽くなったとたいへん喜ばれておいででした。

■精神疾患によるサポート事例の最新記事

うつ病・反復性うつ病などの最新記事

受給事例の最新記事

障害年金 無料診断キャンペーン
障害年金に関する無料相談受付中!

富山を中心に北陸全域をサポート

富山を中心
北陸全域サポート!

富山県:

富山市、高岡市、魚津市、氷見市、滑川市、
黒部市、砺波市、小矢部市、南砺市、射水市、
舟橋村、上市町、立山町、入善町、朝日町

石川県・岐阜県飛騨地方、新潟県上越地方も対応

ページの先頭へ